Jump to content

HP System Recovery の実行 (Windows 7)

  • 印刷印刷
本書は、Windows 7 がインストールされた HP および Compaq コンピューターに適用されます。
本書では、工場出荷時の元の状態へのリセット方法を説明し、さまざまなシステム回復方法についてセクションに分かれています。
個人ファイルすべてのバックアップを取り、注意事項をすべて読んでから、システム回復を実行します。
注意: お使いのコンピューターに Windows Vista または Windows XP が元々搭載されている場合、またand the computer was upgraded toコンピューターを Windows 7にアップグレードした場合は、修復プロセスで元のオペレーティングシステムを再インストールします。. システム復旧の完了後、Windows 7 へのアップグレード(再度)が必要です。 お使いのコンピューターに元々 Windows XP が搭載され、Windows 7にアップグレードした場合は、 Windows XPでHPシステム修復を実行する .を参照してください。お使いのコンピューターに元々 Windows Vista が搭載され、Windows 7にアップグレードした場合は、 Windows VistaでHPシステム修復を実行する .を参照してください。
完全な復旧のプロセスには4から6時間かかることもあり 、さらにそれ以上かかることもあります。 最良の結果をコンピューターは、インターネットに接続されているし、プロセス中に数回が再起動されます。 Windows へのログイン要求が表示されるまで、電源をオフにしたり、復旧のプロセスを中断したりしないでください。

システム リカバリのタイプ

お使いのコンピューターで利用可能なシステムリカバリは、3種類、または2種類のみです。 必要以上の変更を加えずに問題を解決する復旧の種類を使用してください。
  • システムリカバリ: このオプションでは、システムドライブ (通常は C:) を再フォーマットし、元のオペレーティングシステムおよびハードウェアドライバー、ソフトウェアを再インストールします。 システムリカバリはユーザーが作成したパーティションに影響を与えません。 2つのハードディスクドライブがある場合、システムリカバリはOSのあるドライブしか変更しません。
    警告:OS パーティション (通常は C:) のサイズが 最小サイズ要件未満に減らされている場合は、ユーザーが作成した他のパーティションは削除され、保存されているデータは破壊されます。
  • ファクトリーリセット: ファクトリーリセットでは、すべてのパーティションを削除し、ハードディスク全体を再フォーマットし、元のオペレーティングシステムおよびハードウェアドライバー、ソフトウェアを再インストールします。 このオプションはまた、必要なリカバリ パーティション (通常は D:) および UEFI パーティション (通常は E:) を作成し、 必要なソフトウェアを再インストールします。
    ファクトリーリセットのオプションでは、パソコンのすべてのノートブック コンピューターのソフトウェアを購入時の状態に戻します。 ユーザーによる変更や追加内容はすべて削除されます。
  • 最小イメージリカバリ: 多くのHP製ノートブックコンピューターで利用可能な最小イメージリカバリでは、すべてのパーティションを削除し、ハードディスクドライブ全体を再フォーマットし、元のオペレーティングシステムおよびハードウェアドライバーを再インストールし、HP の重要なソフトウェア (HP Support Assistant や HP Recovery Manager) を再インストールします。 最小イメージリカバリは試用版アプリケーションやゲームを再インストールしません。

詳細情報については、Windows 7で HP System Recovery 実行に関するビデオを閲覧してください。

Windows 7 から回復する

Windows 7 が適切に開く場合、以下の手順で Windows 7 スタートメニューからシステム回復を開始します。
  1. コンピューターの電源をオフにします。
  2. すべての接続デバイスおよびケーブルを外します (パーソナル メディア ドライブ、USB ドライブ、プリンター、およびファクスなど)。 内部ドライブからメディアを外し、最近追加した内部ハードウェアを外します。 モニター、キーボード、マウスまたは電源コードは外さないでください
  3. コンピューターの電源をオンにします。
  4. [スタート][すべてのプログラム][Recovery Manager] の順にクリックし、[Recovery Manager] をもう一度クリックします。
    要求された場合は、管理者パスワードの入力または確認を行います。 [ユーザーアカウント制御] ウィンドウで、プログラムがコンピューターに変更を加えるのを許可して良いか聞いてくる場合は、[はい] をクリックします。
    図 1: リカバリ マネージャー
    リカバリ マネージャー
  5. [すぐにヘルプが必要] の下で、[System Recovery] をクリックします。
  6. Recovery Manager が、コンピューターを工場出荷時の状態に回復するか聞いてきます。 はい ,をクリックし、 次へ .をクリックします。
    図 2: Recovery Manager 確認画面
    Recovery Manager 確認画面
  7. コンピューターが再起動します。 ハードディスク ドライブ上でリカバリ パーティションが正しく機能している場合、[Recovery Manager] ウィンドウが表示されます。
    補足:ハードディスク ドライブ上のリカバリ パーティションが正しく機能していない場合、システム リカバリの実行にはリカバリ ディスク セットが必要になります。 「リカバリ ディスクからのリカバリ」 セクションの指示に従ってください。
    図 3: 再起動後のRecovery Manager
    再起動後のRecovery Manager
  8. [システム リカバリ] をクリックします。
  9. System Recovery がファイルをバックアップするか聞いてきたら、次のようにしてバックアップ オプションを選択します。
    • 個人ファイルのバックアップがすでに完了したか、または個人ファイルのバックアップを行わない場合は、 ファイルをバックアップせずに修復する 、を選択し、次に 次に .をクリックします。 次のステップに進んでください。
    • 図 4: リカバリ マネージャ: はじめにファイルをバックアップする
      はじめにファイルをバックアップしてもよろしいですか?
      1. [最初にファイルをバックアップする(推奨)] を選択し、[次へ] をクリックします。
      2. バックアップするファイルタイプを選択し、 次に をクリックします。
        図 5: [ファイルバックアップ] ウインドウ
        [ファイルバックアップ] ウインドウ
      3. Recovery Manager は、コンピューターのストレージデバイスをスキャンします。 ストレージデバイスを選択してバックアップを保存し、 次へ .をクリックします。
        補足:CD または DVD ドライブ選択した場合、空のディスクを挿入するように指示されます。
        図 6: バックアップの場所を選択します
        [ファイルバックアップ] ウインドウで、バックアップの場所を選択
      4. Recovery Manager がファイルのバックアップを完了したら、バックアップディスクまたはストレージデバイスを外し、 次へ をクリックして、リカバリプロセスを継続します。
        補足: バックアッププロセスが失敗した場合、ストレージでアイス容量がファイル保存に十分であることを確認するか、コピーしたファイルいくつかを選択解除します。 ファイル破壊が、失敗したバックアップの他のリソースの原因になることがあります。 このバックアップ方法でファイルを保存できないこともあります。
  10. 表示される警告メッセージの[OK] をクリックします。
  11. システムリカバリーが完了すると、[終了] をクリックしてコンピューターを再起動します。 セットアップ画面での入力を完了し、コンピューターのセットアップが終了するまで待ちます。
  12. セットアップが完了したら、コンピューターをオフにして、すべてのデバイスとケーブルを再接続し、コンピュータをオンにします。
  13. コンピューターを使用する前に、アップデートと保護を行ってください。 システム リカバリの前にインストールされていたウィルス ソフトウェアとセキュリティ ソフトウェアを、再インストールします。
  14. コンピューターの購入後に追加したアプリケーションを再インストールし、さらにバックアップしたファイルで置き換えます。

スタートアップの画面からのリカバリを開始する(システムブート中)

Windows 7 が正常に起動しない場合、以下の手順を実行してコンピューターを回復してください。
補足:ハードディスク ドライブ上のリカバリ パーティションが正しく機能していない場合、この方法は使用できず、エラーメッセージが表示されます。 スタートアップ画面から System Recovery を実行できないというエラーメッセージが表示される場合、システム リカバリの実行にはリカバリ ディスク セットが必要になります。 「リカバリ ディスクからのリカバリ」 セクションの指示に従ってください。
  1. コンピューターの電源をオフにします。
  2. すべての接続デバイスおよびケーブルを外します (パーソナル メディア ドライブ、USB ドライブ、プリンター、およびファクスなど)。 内部ドライブからメディアを外し、最近追加した内部ハードウェアを外します。 モニター、キーボード、マウスまたは電源コードは外さないでください
  3. Recovery Manager が開くまで、コンピューターをオンにし、毎秒くらい 繰り返しF11 キーを押.します。
    図 7: リカバリ マネージャー
    リカバリ マネージャー
  4. [すぐにヘルプが必要] の下で、[System Recovery] をクリックします。
  5. System Recovery がファイルをバックアップするか聞いてきたら、次のようにしてバックアップ オプションを選択します。
    • 個人ファイルのバックアップがすでに完了したか、または個人ファイルのバックアップを行わない場合は、 ファイルをバックアップせずに修復する 、を選択し、次に 次に .をクリックします。 次のステップに進んでください。
    • 図 8: リカバリ マネージャ: はじめにファイルをバックアップする
      はじめにファイルをバックアップしてもよろしいですか?
      1. [最初にファイルをバックアップする(推奨)] を選択し、[次へ] をクリックします。
      2. バックアップするファイルタイプを選択し、 次に をクリックします。
        図 9: [ファイルバックアップ] ウインドウ
        [ファイルバックアップ] ウインドウ
      3. Recovery Manager は、コンピューターのストレージデバイスをスキャンします。 ストレージデバイスを選択してバックアップを保存し、 次へ .をクリックします。
        補足:CD または DVD ドライブ選択した場合、空のディスクを挿入するように指示されます。
        図 10: バックアップの場所を選択します
        [ファイルバックアップ] ウインドウで、バックアップの場所を選択
      4. Recovery Manager がファイルのバックアップを完了したら、バックアップディスクまたはストレージデバイスを外し、 次へ をクリックして、リカバリプロセスを継続します。
        補足: バックアッププロセスが失敗した場合、ストレージでアイス容量がファイル保存に十分であることを確認するか、コピーしたファイルいくつかを選択解除します。 ファイル破壊が、失敗したバックアップの他のリソースの原因になることがあります。 このバックアップ方法でファイルを保存できないこともあります。
  6. 表示される警告メッセージの[OK] をクリックします。
  7. システムリカバリーが完了すると、[終了] をクリックしてコンピューターを再起動します。 セットアップ画面での入力を完了し、コンピューターのセットアップが終了するまで待ちます。
  8. セットアップが完了したら、コンピューターをオフにして、すべてのデバイスとケーブルを再接続し、コンピュータをオンにします。
  9. コンピューターを使用する前に、アップデートと保護を行ってください。 システム リカバリの前にインストールされていたウィルス ソフトウェアとセキュリティ ソフトウェアを、再インストールします。
  10. コンピューターの購入後に追加したアプリケーションを再インストールし、さらにバックアップしたファイルで置き換えます。

リカバリ ディスクからの回復

以下の手順に従って、リカバリ ディスク セット (CD または DVD) を使ってコンピューターを回復します。 HP サポートから送付されたディスク、またはご自分で作成したディスクがリカバリディスクとして使用可能です。
補足:リカバリソフトウェアがハードドライブ上にあるため、HP ではリカバリディスクをパーソナルコンピューターに同梱していません。 リカバリディスクは HP サポート窓口から入手するか、Recovery Manager ソフトウェアを使用してご自分でリカバリディスクセットを作成してください。 HP では、コンピューターが納品されたらリカバリディスクセットを作成し、安全な場所に保管することをお勧めします。 サポートから送付されたリカバリディスクではシステムリカバリを完了するのに4~6時間かかることがありますが、通常、ご自分で作成したリカバリディスクはそれより短時間でシステムリカバリを完了します。 リカバリディスクセットの作成についての詳細は、 リカバリディスクの作成またはリカバリ画像をWindows 7のUSBフラッシュドライブに保存 を参照してください。
  1. コンピューターの電源をオンにして、 最初のリカバリディスクをドライブの中に挿入します。
  2. 電源ボタンを押したままにしてコンピューターの電源をオフにします。
  3. すべての接続デバイスおよびケーブルを外します (パーソナル メディア ドライブ、USB ドライブ、プリンター、およびファクスなど)。 内部ドライブからメディアを外し、最近追加した内部ハードウェアを外します。 モニター、キーボード、マウスまたは電源コードは外さないでください
  4. コンピューターの電源をオンにします。
  5. すぐに Esc キーを押し、[スタートアップ] メニュー又はブートデバイスの選択が開くまで、1秒ごとに1回程度繰り返し押してください。
  6. 画面に表示されたメニューの種類によってがやや異なることが必要な選択:
    • [ブートデバイスの選択]メニューが表示される場合、[上]または[下]矢印キーを使用して、CD/DVDドライブを選択し、続けるように Enter .を押します。
    • 場合は、スタートアップ メニューが開いたら、 [f9] を開くには [Boot Menu] または [ブート デバイス オプション] キーを押します。 上/下矢印キーを使用してCD/DVDドライブを選択します。 続いて Enter キーを押します。
      補足: 複数の CD/DVD ドライブをブート可能デバイスの一覧で選択することが可能なことがあります。 その場合、一覧にある CD/DVD 選択肢のうちいずれかを選択し、HP Recovery が開始するかチェックします。 リカバリが開始しない、または非システムディスクエラーが表示される場合は、電源ボタンを押すことによりコンピューターを再起動し、この手順を繰り返して別の CD/DVD ドライブを選択してください。 リカバリが開始したら、引き続き以下の手順によりリカバリを完了します。
  7. ウインドウが表示され、Recovery Managerをハードディスクから実行するか、挿入したディスクから 実行するか選択するよう要求されることがあります。 このウインドウが表示された場合、 ディスクからプログラムを実行する を選択し、 次へ .をクリックします。
  8. お持ちのリカバリディスクのタイプによって、以下のオプションのいずれかを選択します。
      [すぐにヘルプが必要] で、[工場リセット] をクリックします。 次の画面で選択内容を確認するよう要求される場合は、[はい][次へ] の順にクリックします。 確認画面が表示されない場合は、次のステップに進んでください。
      図 11: ユーザー作成のリカバリディスクを使用したRecovery Manager
      ユーザー作成のリカバリディスクを使用したRecovery Manager
    • HP サポートから受け取ったリカバリディスク:
      画面に表示される選択によって異なりますが、以下の選択肢のうち1つを選択し、 次へ .をクリックします。
      • 工場リセット - ドライブ全体を消去し、工場セットアップに修復し、コンピューターをリセットします。
      • ドライブ全体を消去し、工場セットアップに修復し、コンピューターをリセットします。
      図 12: HP送信のリカバリディスクを使用したRecovery Manager
      HP送信のリカバリディスクを使用したRecovery Manager
  9. System Recovery がファイルをバックアップするか聞いてきたら、次のようにしてバックアップ オプションを選択します。
    • 個人ファイルのバックアップがすでに完了したか、または個人ファイルのバックアップを行わない場合は、 ファイルをバックアップせずに修復する 、を選択し、次に 次に .をクリックします。 次のステップに進んでください。
    • 図 13: リカバリ マネージャ: はじめにファイルをバックアップする
      はじめにファイルをバックアップしてもよろしいですか?
      1. [最初にファイルをバックアップする(推奨)] を選択し、[次へ] をクリックします。
      2. バックアップするファイルタイプを選択し、 次に をクリックします。
        図 14: [ファイルバックアップ] ウインドウ
        [ファイルバックアップ] ウインドウ
      3. Recovery Manager は、コンピューターのストレージデバイスをスキャンします。 ストレージデバイスを選択してバックアップを保存し、 次へ .をクリックします。
        補足:CD または DVD ドライブ選択した場合、空のディスクを挿入するように指示されます。
        図 15: バックアップの場所を選択します
        [ファイルバックアップ] ウインドウで、バックアップの場所を選択
      4. Recovery Manager がファイルのバックアップを完了したら、バックアップディスクまたはストレージデバイスを外し、 次へ をクリックして、リカバリプロセスを継続します。
        補足: バックアッププロセスが失敗した場合、ストレージでアイス容量がファイル保存に十分であることを確認するか、コピーしたファイルいくつかを選択解除します。 ファイル破壊が、失敗したバックアップの他のリソースの原因になることがあります。 このバックアップ方法でファイルを保存できないこともあります。
  10. 表示される警告メッセージの[OK] をクリックします。
  11. 表示される画面を読んで対応します。 画面でディスク挿入が要求されたら、次のディスクを挿入します。画面が継続を許可するまで、同じディスクを繰り返し数回挿入する必要がある場合があります。
  12. システムリカバリが完了したら、ディスクを取り出します。トレイがディスクを取りださない場合は、PCケースの[取出]ボタンを押してディスクを取り出します。
  13. 「修復完了」画面が表示された場合、 終了 .をクリックします。
    「ファイルコピー完了」画面が表示された場合、 次へ .をクリックします。
  14. お使いのコンピューターのモデルによって異なりますが、コンピューターはシャットオフするか、または再起動します。 コンピューターがシャットオフする場合は、5秒待って、コンピューターをオンにします。
    補足: HPから送信された[送信済みリカバリディスクサポート]を使用している場合、リカバリプロセスの完了まで1時間に上かかることがあります。 リカバリプロセスは中断しないでください。 リカバリプロセスはWindowsセットアップ画面が表示されると完了です。
  15. 画面が表示されたら、Windowsセットアップを完了します。
  16. Windows セットアップが完了したら、コンピューターをオフにして、すべてのデバイスとケーブルを再接続し、コンピュータをオンにします。
  17. コンピューターを使用する前に、アップデートと保護を行ってください。 システム リカバリの前にインストールされていたウィルス ソフトウェアとセキュリティ ソフトウェアを、再インストールします。
  18. コンピューターの購入後に追加したアプリケーションを再インストールし、さらにバックアップしたファイルで置き換えます。

USB フラッシュ ドライブからの回復

以下の手順に従って、USBフラッシュドライブを使用してコンピューターを回復します。
補足:リカバリ画像をUSBフラッシュドライブに保存することについての詳細は、 リカバリディスクの作成またはリカバリ画像をWindows 7のUSBフラッシュドライブに保存 .を参照してください。
  1. コンピューターをオンにして、USBフラッシュドライブをUSBポートに挿入します。
  2. 電源ボタンを押したままにして、コンピューターの電源をオフにします。
  3. すべての接続デバイスおよびケーブルを外します (パーソナル メディア ドライブ、USB ドライブ、プリンター、およびファクスなど)。 内部ドライブからメディアを外し、最近追加した内部ハードウェアを外します。 モニター、キーボード、マウス、USB リカバリフラッシュドライブ、または電源コードは外さないでください
  4. すぐに Esc キーを押し、[スタートアップ]又はブート デバイス メニューが開くまで、1秒ごとに1回程度繰り返し押してください。
  5. 画面に表示されたメニューの種類によってがやや異なることが必要な選択:
    • [ブートデバイスの選択]画面が表示される場合、[上]または[下]矢印キーを使用して、USBストレージ デバイスを選択し、 続けるようにEnter .を押します。
    • 場合は、[スタートアップ メニュー] が開いたら、 [f9] を開くには、[Boot Menu] または [ブート デバイス オプション] キーを押します。 [ 上 ] または下矢印キーを USB ストレージ デバイス (ドライブのボリューム ラベル) の名前を選択します。 その後、Enter を押します。
    図 16: Recovery Manager ウェルカム
    Recovery Manager ウェルカム
  6. ウインドウが表示され、Recovery Managerをハードディスクから実行するか、挿入したメディアから 実行するか選択するよう要求されることがあります。 このウインドウが表示された場合、USB フラッシュドライブオプションを選択し、 次へ をクリックします。
  7. System Recovery をクリックします。 [すぐにヘルプが必要] .下にあります。 次の画面で [はい] を選択し、コンピューターを工場出荷状態に戻すことを確認し、 [次へ] をクリックして続行します。
    図 17: コンピューター回復確認
    コンピューター回復確認
  8. System Recovery がファイルをバックアップするか聞いてきたら、次のようにしてバックアップ オプションを選択します。
    • 個人ファイルのバックアップがすでに完了したか、または個人ファイルのバックアップを行わない場合は、 ファイルをバックアップせずに修復する 、を選択し、次に 次に .をクリックします。 次のステップに進んでください。
    • 図 18: リカバリ マネージャ: はじめにファイルをバックアップする
      はじめにファイルをバックアップしてもよろしいですか?
      1. [最初にファイルをバックアップする(推奨)] を選択し、[次へ] をクリックします。
      2. バックアップするファイルタイプを選択し、 次に をクリックします。
        図 19: [ファイルバックアップ] ウインドウ
        [ファイルバックアップ] ウインドウ
      3. Recovery Manager は、コンピューターのストレージデバイスをスキャンします。 ストレージデバイスを選択してバックアップを保存し、 次へ .をクリックします。
        補足:CD または DVD ドライブ選択した場合、空のディスクを挿入するように指示されます。
        図 20: バックアップの場所を選択します
        [ファイルバックアップ] ウインドウで、バックアップの場所を選択
      4. Recovery Manager がファイルのバックアップを完了したら、バックアップディスクまたはストレージデバイスを外し、 次へ をクリックして、リカバリプロセスを継続します。
        補足: バックアッププロセスが失敗した場合、ストレージでアイス容量がファイル保存に十分であることを確認するか、コピーしたファイルいくつかを選択解除します。 ファイル破壊が、失敗したバックアップの他のリソースの原因になることがあります。 このバックアップ方法でファイルを保存できないこともあります。
  9. [次へ] をクリックします。 メッセージが表示され、すべてのデバイスをPCから外すように警告します。 リカバリフラッシュディスク以外はすべて外していることを確認し、 OK .をクリックします。
  10. 表示される画面を読んで対応します。 システムリカバリが完了したら、「修復完了」画面が表示されます。
  11. USBフラッシュ ドライブをUSBポートから取り外します。
  12. [終了] をクリックすると、コンピュータが再起動します。
  13. お使いのコンピューターのモデルによって異なりますが、コンピューターはシャットオフするか、または再起動します。 コンピューターがシャットダウンする場合は、5秒待ってからコンピューターの電源をオンにします。
  14. 画面が表示されたら、Windowsセットアップを完了します。
  15. Windows セットアップが完了したら、コンピューターをオフにして、すべてのデバイスとケーブルを再接続し、コンピュータをオンにします。
  16. コンピューターを使用する前に、アップデートと保護を行ってください。 システム リカバリの前にインストールされていたウィルス ソフトウェアとセキュリティ ソフトウェアを、再インストールします。
  17. コンピューターの購入後に追加したアプリケーションを再インストールし、さらにバックアップしたファイルで置き換えます。